知らないと損!Google Search Consoleとは

はじめに

こんにちは。

ミスターフュージョンの鈴木です。

サイト運営に役立つ「Google Search Console」をご存じでしょうか。

SEO対策にはもってこいのツールになります。

今回は「Google Search Console」の主な機能についてご紹介していきます。

 

Google Search Console とは?

Google Search Console はGoogleが提供する無料サービスの一つで、検索結果の自社サイトのパフォーマンスを管理できるものになります。

 

似たようなGoogleの解析ツールで「Google Analytics」は有名ですが、Google Analyticsではサイトにアクセスされる前のデータは取得することはできません。

一方、Google Search Consoleはユーザーがサイトを訪れる前のデータを取得することができる、非常に便利なツールとなっています。

以下に両者の特徴をまとめておきます。

 

〇Google Analytics

サイトに訪問したユーザーが

・どのサイトから来たのか

・何のページを見たのか

・どのくらい滞在したのか

が分かる。

 

〇Google Search Console

検索結果に自分のサイトが

・どのような検索ワードで表示されたのか

・どのくらい表示されたのか

・どのくらいクリックされたのか

が分かる。

 

Google Search Consoleで押さえておきたい5つの機能

Googleサーチコンソールには非常にたくさんの機能がありますが、ここでは最低限知っておきたい便利機能と、その活用方法について説明します。

 

検索クエリ

検索クエリでは、ページが表示されたときにユーザーが検索しているキーワードがわかります。

これを知っているのと知らないのとではかなりキーワード選定に差が出ます。

検索クエリを見ることでユーザーがどんなキーワードで検索したのかがわかるようになり、どういうキーワードでウェブページを作っていくべきか?などを知ることができます。

 

ロールエラー

まず、クローラーについて説明します。

クローラーとは検索エンジンがWeb上のファイルを集めるプログラムのことです。

当然クローラーが取得できないページは、検索結果に表示されません。

この機能を使って、エラーがあるページをクローラーがデータを取得できるように改善することで、ページが検索されるようになります。

 

Fetch as Google

Fetch as GoogleはGoogleに対してインデックスの依頼をすることができる機能です。

インデックスとは、クローラーが取得した情報を検索エンジンのデータベースに格納することです。

特に新しくできたばかりのページはインデックスされるのに時間がかかってしまうため、依頼することでインデックスが早まることがあります。

 

手動による対策

「手動による対策」というところではペナルティを確認することができます。

ペナルティとはGoogleが設定しているガイドラインに違反している場合、検索ページに上位表示されなくなることを言います。

「手動による対策」ではペナルティに該当するページはどれなのかを確認することができ、もしペナルティを受けている場合改善することができます。

 

サイトマップ

サイトマップとはWebサイトの構成を示すものです。

このサイトマップを定期的に送信しておくことで、新しく追加したページなどの存在をGoogleがすぐに認識できるようになります。

新しく制作したばかりのページや、構造が複雑なページなどはサイトマップを定期的に送信しておくことで、インデックスされやすくなります。

 

その他の機能

他にも、タイトルタグやメタディスクリプションなどの重複や長さなどといったメタデータの問題点を改善することができる「HTMLの改善」や、どんな外部サイトからリンクされているかを知ることができる「サイトへのリンク」などさまざまな機能があります。

ただし初めのうちはGoogleに正しくサイトを理解してもらい、エラーやペナルティの発生を抑えることが重要ですので、上の4つの機能を抑えておくといいでしょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、SEOをするうえでとても重要な「Google Search Console」についてご紹介してきました。

無料で使用できるので、まだ使ったことがないという方は活用されてみてはいかがでしょうか。

参考になったらシェアをお願いします!