潜在客にアプローチできる「オウンドメディア」を作りましょう

はじめに

こんにちは。
株式会社ミスターフュージョンの鈴木です。

「自然流入が少ない…」
「潜在顧客にアプローチできてない…」
ウェブマーケティングを実践しているとこのような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?
今回はそんな方々のためにオウンドメディアをご紹介します。

うまく運用することができれば、既存顧客や潜在顧客にアプローチしやすくなります。
まだオウンドメディアをしっかり運用できていないという企業の方は必見です。

また、そもそもオウンドメディアが何かわからないという方、ご安心ください。
まずはそこからご説明していきます。

 

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、自社が所有する(Owned)メディアを指します。

例としては、自社サイト、ブログ、メルマガ、PR誌などが挙げられます。
メディアには大きく分けて三種類あります。

まず一つ目はTwitter、facebookなどを使って拡散をする「アーンドメディア」、
二つ目は、バナー広告、リスティング広告など認知度を上げる「ペイドメディア」、そして今回の「オウンドメディア」が三つ目になります。
オウンドメディアは顧客との関係構築の為に活用されるメディアです。
「顧客が知りたい情報を伝えるためもの」と認識して頂ければ結構です。

 

オウンドメディアのメリット

メリットは大きく分けて二つあります。

1.既存顧客と関係維持ができる

既存顧客がなぜ自社の商品を買ってくれたかと言うと、自社の提供する商品と、顧客が得たいものがマッチしたからです。
その顧客が得たい情報を続けて発信することで、既存顧客のエンゲージメントを高めることができ、結果的にファンになってもらうことができます。

 

2.潜在顧客へのアプローチができる

潜在顧客とは、これから顧客になるかもしれない層を指します。
オウンドメディアで今まで自社を知らなかった潜在顧客と接点を持つことができます。
オウンドメディアで発信されてるブログやホームページなどのコンテンツは、更新し続ければずっと溜まっていきます。
沢山更新をして顧客がマッチする可能性がある情報を増やして、自然に流入してもらえる仕組みづくりをしましょう。

 

コンテンツマーケティングで流入を増やそう!

オウンドメディアの活用方法で有名なのがコンテンツマーケティングです。
みなさんが今見ていただいているサイト「内製化支援.com」も、弊社が運営しているオウンドメディアの一つです。
ここから既存顧客や潜在顧客の皆さんが必要としているであろうウェブマーケティングの情報を発信しています。
このように直接自社の宣伝をするわけではなく、顧客が知りたいであろう情報を発信するのがコンテンツマーケティングと呼ばれているものになります。
HPへのトラフィック数を増やして、どんどん自社のファンを増やしていきましょう。

 

コンテンツマーケティングの始め方

コンテンツマーケティングは以下のような順序で進めていくのがいいでしょう。

キーワード選定

キーワードの基にニーズを抽出する

コンテンツの作成

まず、SEOで勝てて、検索ボリュームの見込めそうなキーワードを選定しましょう。
そして、その次にキーワードからニーズを抽出しましょう。
「なぜ、このキーワードで検索しているのか」「なぜ、この記事を読んでいるのか」などで要素化して、実際のユーザーが抱いているニーズ、状況を明確にしましょう。
これらの準備を整えたうえでコンテンツマーケティングを始めると、より人気のあるメディアが作れるかと思います。

 

まとめ

今回はオウンドメディアの説明と、それに合わせたコンテンツマーケティングの紹介をしました。
これを参考にして、オウンドメディアを見直したり、新たにメディアを作って、サイトへの自然流入を増やしていって頂ければ幸いです。

今回ご紹介しきれなかったこともまだまだありますので、質問がある方はこちらからお問い合わせください。

▼メール
https://mrfusion.co.jp/form/contact/

▼電話
03-5495-7355(担当:増田 9:30〜18:30)

参考になったらシェアをお願いします!