大幅時短が可能!Excelのショートカットキー紹介

はじめに

こんにちは。
ミスターフュージョンの鈴木です。

日頃何気なく使っているエクセルを使い方1つで、仕事の効率はかなり向上します。
ショートカットキーを使いこなせるようになれば、ほぼ全ての操作はキーボードで完結できるので、作業時間を今よりも大幅に短縮することが出来ます。
今回は特によく使うショートカットキーをご紹介していきます。

 

ファンクションキーによるショートカットキー

ファンクションキーはキーボードの上側にあるキーです。
F1~F12までありますが、それぞれショートカットキーとして使うことが出来ます。
ご紹介していきます。

 

F1:Excelのヘルプを作業ウィンドウ内に表示

F2:選択しているセルの編集をするために、入力されている内容の末尾にカーソルを移動します。

F3:「名前の貼り付け」のダイアログを表示

F4:直前のコマンドや操作を繰り返す
数式内のセル名を選択している間は、絶対・相対参照の組み合わせを切り替えることが可能です。

F5:「ジャンプ」のダイアログを表示
「ジャンプ」機能では指定したセルに移動をすることが可能です。

F6:ワークシート・リボン・作業ウィンドウ・ズームコントロール間で切り替える

F7:ダイアログを表示してスペルチェック

F8:拡張選択モードを切り替える
拡張選択モードにすることでドラッグしなくても、範囲を選択できるようになります。

F9:開いているブックの全てのシートを計算

F10:キーヒントのオンとオフを切り替える

F11:現在選択している範囲からグラフを作成
グラフは、「グラフ1」「グラフ2」という名のついた新しいシートに作成されますので注意してください。

 

Ctrl+ファンクションキーの組み合わせ

主にブックに関する操作をすることが出来ます。

 

Ctrl+F4:選択しているブックを閉じる

Ctrl+F6:複数ブックが開いている場合に、次のブックに移動

Ctrl+F9:ブックを最小化

Ctrl+F10:選択しているブックを最大化、もしくは元に戻す

 

Alt+ファンクションキーの組み合わせ

主に図表やグラフの作成に関する操作をすることが出来ます。

 

Alt+F1:現在の範囲からグラフを作成
グラフは、表示されているシートに作成されます。

Alt+F8:ダイアログで「マクロ」を表示

Alt+F11:VBE(Visual Basic Editor)を起動

 

Shift+ファンクションキーの組み合わせ

普段から使用する操作が多くあります。

 

Shift+F2:セルのコメントを追加もしくは編集

Shift F10:選択アイテムのショートカットメニューを表示

Shift+F11:ワークシートを挿入

 

操作に関するショートカットキー

これは特に使えるショートカットキーですので覚えておきましょう。

 

Ctrl+H:「置換」のダイアログボックスを表示
検索する文字列と置換後の文字列を入力することで、一括で文字や数値を置き換えることができます。 範囲を選択しておくと、選択範囲内のみで置換が可能です。漢字の表記ゆれや固有名詞の修正などに便利です。

Ctrl+S:作業中のファイルを上書き保存

Ctrl+Y:直前のコマンドまたは操作を繰り返す

Ctrl+Z:直前のコマンドもしくは操作を元に戻す

Alt+F4:Excelを終了

Alt+Enter:セル内に文字を入力する際に、同じセル内で改行
セルが横長にならずに閲覧しやすくなるというメリットがあります。

 

コピペに関するショートカットキー

コピー&ペーストを使う事が多いExcelにおいてかなり便利です。
覚えておきましょう。

 

Ctrl+X:選択したセルを切り取り
複数のセルを選択することも可能です。

Ctrl+C:選択したセルをコピー
複数のセルを選択することも可能です。

Ctrl+V:コピーしたセルの内容を任意のセルに貼り付け

Ctrl+D:選択範囲の中で、一番上の行にある内容と書式を一番下までコピーして貼り付け

Ctrl+R:選択範囲の中で、一番左の列にある内容と書式を一番右までコピーして貼り付け

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はExcelのショートカットキーについてご紹介しました。
これらをマスターして業務時間を削減しましょう!

今回ご紹介しきれなかったこともまだまだありますので、質問がある方はこちらからお問い合わせください。

▼メール
https://mrfusion.co.jp/form/contact/

▼電話
03-5495-7355(担当:増田 9:30〜18:30)

 

参考になったらシェアをお願いします!