売れるサイト・売れないサイトの違いとは?

はじめに

こんにちは、内定者の向山です。

 

突然ですが、皆さんはこんなことに困っていませんか?

・ホームページを開設したにも関わらず、お問い合わせ・資料請求・購入が少ない

・ホームページから成果を出すにはどうしたら良いかわからない

 

また、自社サイトは大丈夫と思っている方も、

もしかしたら売れないサイトの要因を作ってしまっているかもしれません。

 

今回は、どんなことが売れないサイトと売れるサイトの違いについてを

3点に絞ってご紹介します。

 

売れないサイトと売れるサイトの3つの違い

「3秒以内」で何屋かがわかるか

弊社、石嶋は「3秒で何屋か分かるようにしてください」と述べております。

 

また、他のサイトでもこのように記載されています。

一般的にwebサイトに訪れたユーザーは、そのwebサイトが自分にとって

必要かどうかを3秒で判断していると言われています。
そして、ファーストビューでそのページを離れてしまうユーザの割合(直帰率)は

ランディングページで70%以上、コーポレートサイトで40~60%との説もあります。
すなわち、3秒以内にそのページを離れてしまうユーザーはおおよそ半分以上にも上り、

ファーストビューを確認した最初の瞬間に、きちんと伝えたいメッセージを伝えられるか

どうかがユーザの滞在時間を大きく左右すると言えることになります。

引用:

Pantograph「ユーザーは3秒で判断」ファーストビュー最新パターンとデザイン事例20選まとめ

 

皆さんもネット上で何か検索した時を思い出してみてください。

サイトを開いてみたは良いものの、

「何を伝えたいのか」「どのような商品・サービスを扱っているのか」が

よくわからなかったらサイトは、検索サイトにすぐ戻ったという経験はありませんか?

反対に、3秒以内に「あなたの検索したいことが分かる○○屋さんですよ!」と

アピール出来ていたなら、サイトを見てみようという

気になったのではないでしょうか。

 

詳しく「3秒で何屋かわかる」について知りたい方はこちらの記事もありますので、

ご覧ください。

↓↓

WEBマーケティングの手法 「3秒で何屋かわかる」

 

あれもこれもと必要以上に情報をを載せず、「強み」に絞る

たくさんの情報を載せていた方が魅力的なサイトのように感じるかもしれませんが、

「食べ物屋さん」を例にとって考えてみましょう。

 

例えば知らない土地に行った際に、

Aのお店には「そば・うどん・ラーメン・パスタ・オムライス」という看板

Bのお店には「そば専門店」という看板

と書かれていたら「そば専門店」の方がクオリティーが高く、

おいしそうだなと感じるのではないでしょうか。

そのように感じるのは、「何でも屋」は様々な選択肢がある代わりに

どれも中途半端で強みがないからです。

 

ホームページも同様です。

ホームページでも、あれもこれもと情報を載せてしまっては強みが分からず、

一番売り出したい商品でさえも売り出すことができなくなってしまいます。

そのため、強みに絞って発信をすることが重要です。

 

実例を元に考えてみましょう。

 

弊社のお客様で歯科医院の方がいらっしゃいました。

 

その歯科医院の強みはタレントの方が評判を聞きつけて、

足を運ぶほど審美歯科の技術力が高いことでした。

 

そこでホームページから虫歯治療などの審美歯科以外の要素を載せるのは

やめることを提案しました。

さらに、「審美歯科で実績のある有名歯科医が診療する」ことに価値を見出し、

ホームページを制作しました。

 

こうした打ち出し方が功を奏し、審美歯科が目的で新しくいらっしゃるお客様が増え、

経営が安定させることができました。

このようにターゲットとなるお客様、

ここでは「歯の美容に興味があり、腕のいい歯科医を探している」人が

ホームページを見て行ってみたいと興味を持たなければ

ホームページを作る意味がなくなってしまいます。

 

参考:

石嶋洋平(2005)「ホームページで売上があがる会社 あがらない会社 何が違うか」あさ出版

 

Webサイトの表示速度が遅くないか

皆さんもサイトの表示が遅くてイライラした経験や、

面倒だからといってサイトから移動した経験がある人がほとんどだと思います。

 

webサイトの画面が開くまで表示速度が1秒遅れることが原因で

どれほどの影響があるのかご存知でしょうか?

 

米のリサーチ会社Aberdeen Groupによると、表示速度が1秒遅くなることで、

以下の結果が得られたことを発表しています。


・PV(ページビュー)が11%減少
・CV(コンバージョン)は7%減少
・顧客満足度は16%減少

出典元:markezine「サイト高速化でコンバージョンは上がる!
高速化したサイトの実証実験結果公開!」

 


この結果からわかるように、表示速度が1秒でも遅ければサイト訪問者にストレスを与え、

表示される前に離脱してしまう恐れなどがあります。

 

また、皆さんも普段スマートフォンやタブレットでサイトを見ることが

多いのではないでしょうか。

スマートフォンやタブレットの利用比率が増えると、

移動中や電車の中など色々な環境で使用することが増え、

電波状況があまり良くない環境での利用も増えるため、さらにWeb表示速度は重要になります。



本当は高いコンバージョン率を記録できるサイトが表示が遅いことにより、

ユーザーの離脱を招いているかもしれません。

 

また、Web表示速度の測定するツールとして、Googleは2種類の測定ツールを提供しています。

同じ業種内の中での比較やサイトの速度を上げるために

優先度の高い修正点も教えてくれる機能があるので、

気になる方は調べてみてくださいね。

・PageSpeed Insights(PC・モバイル)
・TestMySite with Google(モバイル)

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

売れるサイトを作るには、ホームページを作って終わりではなく、普通の商売と同様、

トライアンドエラーを繰り返しながら軌道に乗せていく必要があります。

地道に改善を行っていきましょう!

 

参考になったらシェアをお願いします!