声で検索が今流!?音声検索とSEO対策

はじめに

こんにちは、内定者の向山です。

皆さんは、スマートフォンの音声認識機能を使ったことはありますか?

 

使ったことのない方でも「Hey Siri」「OK Google」とスマートフォンに話しかけているCMを

見かけたことがある方が多いのではないでしょうか。

 

最近では、音声を認識して音楽の再生などをするなどのほかにも

照明器具の操作などもこなすスマートスピーカーが発売されています。

こういったことから、今後より一層「音声検索」を活用されていくことが予測されます。

そのため、今回は音声検索のためのSEO対策をご紹介します。

 

音声検索とは?

そもそも「音声検索」とはどういったものなのでしょうか。

音声検索とは、

デバイスに対してユーザーが音や声を通して投げかけることで欲しい情報を得れる検索システム

のことを指します。

 

例えば、

冒頭でご紹介したiPhoneに搭載されてる「Siri」、

Android端末の「Google Assistant」で「明日の天気は?」と話しかけると、

音声を認識→検索→検索結果から教えてくれる

といったようなシステムのことをいいます。

 

Googleでは、現在グローバルで検索の約20% が音声検索となっていると発表しました。

 

また、2020年までにはすべての検索の約50%を占めるとも言われてます。

(※有名な調査会社ComScoreのデータ)

このようなことからも音声検索の対策をしていく必要があることが分かります。


※参考:Just say it: The future of search is voice and personal digital assistants

 

音声検索の検索傾向から分かる重要な要素とは?



実際に「Google Home」を使った1万件の音声検索の検索結果の傾向として、

以下のような条件が音声検索でも採用されやすいページであるとする説を

BACKLINCO社が独自調査の結果として発表しています。

・ページ表示速度がSEOに大きな役割を果たしてる
・音声検索で表示されるサイトは主にHTTPSサイトである
・音声検索クエリの回答には簡潔なものが選ばれやすい(シンプルで読みやすいコンテンツ)
・構造化データはあまり関与してない
・オーソリティが高いサイトが採用されやすい
・ソーシャルで人気のコンテンツが採用されやすい
・titleタグに検索クエリが無くても採用される
・文字数が多いコンテンツから回答を抜き出して採用するケースもある
・PC検索で上位表示されているコンテンツが採用されやすい
・強調スニペットに表示されているサイトが採用されやすい

参考:
We Analyzed 10,000 Google Home Results. Here’s What We Learned About Voice Search SEO / BACKLINCO

 

音声検索のSEO対策

ロングテールキーワードを入れる

キーワードを考える際に音声検索最適化(VSO)のことを考えるのであれば、

話し言葉は書き言葉よりも少し長い傾向があるので、

キーワードを少し長めに設定する方が良いでしょう。

 

文字を入力することによる検索では、

「大阪 たこ焼き オススメ」などと単語で検索することの方が多いですよね

しかし、音声検索の場合は話し言葉になる傾向にあ

「大阪でオススメのたこ焼き屋さんは?」といったように検索されるため、

入力されるキーワードが短い単語でなく長い文章になります。

 

そのため、

現時点で上位表示されている簡潔なキーワードの検索頻度は、必然的に低くなっていきます。

会話のような感覚で検索できるキーワードは多くあるため、

ロングテールキーワードで検索された際の対応が必要になります。

 

 

地域名を検索されることを意識したキーワードの設定

近くのお店やサービスを探すために検索すると、

高評価の場所やサービス、電話番号などが表示されて便利ですよね!

そのため、多くのスマートフォンユーザーは、検索時に地域名を入力したことがあるのではないでしょうか?

 

「仙台のおいしい牛タン」「沖縄のおすすめ観光スポット」のように

ユーザーが検索することの多い地域名を含んだキーワードを設定するようにしましょう。

 

Googleマイビジネスのアカウント作成

Google マイビジネスとは、Googleの関連サービス上に自社サイトの情報を表示できる無料ツールです。

このツールを使うと、サイトが検索結果の上位に表示される確率が上がります。

例えば、ユーザーが「近くのラーメン屋」と検索した場合、

「近くの」というキーワードをGoogleが自動で認識し、近くのラーメン屋さんを表示します。

このとき、自社サービスがGoogleマイビジネスに登録済みなら、検索結果の上位に表示されます。

 

Q&Aページの作成

ユーザーのニーズを把握するのが難しいときは、Q&Aコンテンツを作成しましょう。

これより、ロングテールのキーワードを使う機会となります。

Q&Aコンテンツにロングテールのキーワードを記入すれば、

音声検索でQ&Aのページが上位表示される可能性が高くなります。

 

まとめ

今回は音声検索のSEO対策についてご紹介しました。

テキストでの検索よりも音声検索が多くなる前にできることから対策を打っておきましょう!

参考になったらシェアをお願いします!