動画SEOで動画を観てもらおう

はじめに

こんにちは。

ミスターフュージョンの鈴木です。

PRのために動画を作成する企業が増えていますが、目標よりも再生回数が稼げなかったりして悩んでいる方いらっしゃるのではないでしょうか?

いくら良い動画でも、YouTubeに載せるだけではなかなか良い反響を得ることはできません。

今回は、制作した動画を有効活用する方法を紹介します。

 

YouTubeの現状

18歳から69歳の男女の約70%は普段視聴する映像視聴サービスとしてYouTubeを挙げているそうです。

YouTubeは動画サイトの中でも圧倒的な立ち位置を誇っています。

 

また、YouTube内でキーワード検索をした際に上位表示される動画はほとんどが個人投稿によるものです。

こうした動画はまだまだSEO対策をしているものは多くはありません。

そのため、動画SEOに注力することでコンテンツ自体の視聴数増加や認知拡大、CVR獲得などが期待できます。

 

数年前からオウンドメディアを活用し SEO対策に力を入れる企業が増加しています。

これからは、企業でも日々クオリティの高い動画を繰り返し投稿し、YouTube内の自社チャンネルに動画をコンテンツとして蓄積していくことによって自社のファンを増やしたり、好感度を上げていく施策が増加してくるのではないでしょうか。

 

動画SEOが有効

Googleでキーワード検索をした際、検索結果に動画がでてきたという経験はあるのではないでしょうか。

例えば、「桜 開花」と検索をすると上図のように、動画が検索結果にも掲載されます。

 

この動画コンテンツは他のサイトコンテンツと同様、闇雲に上がっているわけではありません。

しっかりとSEO対策をすれば、YouTubeに掲載した動画コンテンツは上図のようにユーザーの検索結果に表示されるようになるのです。

また、当たり前ですが沢山動画を見てもらうためには、Googleの検索結果だけではなく、YouTubeの中でも検索結果の上位に表示されることが必要不可欠です。

では、具体的に動画SEOは具体的に何をしたらいいのかについて次にご紹介していきます。

 

動画SEOはどうやって行うのか

YouTubeは通常の検索アルゴリズムとは異なり、ユーザーエクスペリエンスを大切にしています。

つまり、ただ一方的に動画を投稿し続けるだけでなく、ユーザーからのコミュニケーションも必要になるのです。

以下が動画SEOで必要になってくる項目になります。

 

総再生時間・視聴者維持率・ユニーク数

YouTubeの動画は、基本的に長尺のものが多くアップロードされています。

動画SEOでは、ユニークの視聴数だけでなく、総再生時間や視聴者維持率も重要視されるため、動画の冒頭でユーザーの興味関心を引き、その後離脱させない仕組みづくりが必要です。

また、視聴者維持率を見ながら 離脱率の高いポイントを動画から削除したり、修正したりすることで改善されるでしょう。

 

評価・コメント数・チャンネル登録数・ソーシャルでのシェア数・「後で見る」への追加数

上記は、視聴者が動画コンテンツに直接行うアクションです。

視聴者のポジティブなアクションが多い動画はエンゲージメントが高いと評価され、上位に出てくる可能性が高くなります。

 

タイトルと説明欄、タグをつける、字幕機能を活用する

上記のテキストの中に検索されやすいキーワードを入れることで、検索率を上げることが可能です。

しかし、タグに数多く設定しすぎるとスパム判定をされてしまうため、10個以内にすることが重要です。

 

サムネイル設定

サムネイル画像は、 検索結果画面で表示されるアイキャッチ画像のことです。

クリックをするかどうかの判断はタイトルと サムネイルで判断されるため、この設定は非常に重要です。

 

カード機能

こちらは、視聴者からアクションを起こせるインタラクティブ機能です。

様々な種類のカードがあり、アンケートが取れたり、HPにリンクをさせたりすることができ、視聴者との双方向なコミュニケーションができる機能です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はYouTube動画をより多くの人に観てもらえるようにするための方法についてお話してきました。

動画SEOを完璧にやっている人はまだ少ないと思いますので、これを機に動画SEOも初めていただけたらと思います。

参考になったらシェアをお願いします!