【SNSによって違う!?】ハッシュタグの効果的な付け方

はじめに

こんにちは、内定者の篠原です。

この記事を読んでいる人の中には、自社のSNSを運用しているという方も多いのではないでしょうか。

みなさんは、SNSのハッシュタグをどのように活用していますか?

地道な作業ですので、InstagramもTwitterも、Facebookも同じハッシュタグを貼り付けてしまっている!という方も多いかもしれませんね。

しかし、ハッシュタグは各SNSによって、ユーザーからの扱われ方が異なるのをご存知でしたか?

今回は、Instagram・Twitter・Facebookにおけるハッシュタグの特徴と、効果的なハッシュタグの付け方をご紹介します!

 

そもそもハッシュタグとは

ハッシュタグとは、SNSで投稿につけるラベリングのことをいいます。

例えば「#プログラミング」というハッシュタグを添えることで、プログラミングに関する投稿であるというラベリングが行えます。

そのハッシュタグをもとに、プログラミングに興味関心を持っているユーザーは投稿を探すことができ、ユーザー同士のコミュニケーションが行われます。

ハッシュタグをマーケティングに用いることで、SNSの拡散力をさらに加速させることができるのです。

 

ハッシュタグの要件

・「#」は半角であること

全角の「#」では、システムによってハッシュタグと認識されないので注意しましょう。

・タグとタグの間はスペースを空けること

2つ以上のハッシュタグを利用する場合は、必ず「#〇〇 #△△」のようにスペースを空けましょう。

スペースの半角・全角は問いませんが、半角のほうが空白が目立つことがないので見栄えが良いでしょう。

・文字列に利用できるのは、基本的に文字や数字のみ

文字列には、記号や句読点は、タグとして機能しなくなるために原則使用できません。

例えば、「#今日は、新宿でランチ」という一続きのタグにしたくても、文字列に「、」が含まれているために「#今日は」までのタグとして認識されてしまします。

ただし、Instagramに限り、ハッシュタグ内に絵文字を利用することができます。

(弊社の運営するプログラミング教室「プロスタキッズ」のアカウントです。)

 

ここからは、主要3大SNSにおける、ハッシュタグの特徴をご紹介します!

トレンドに敏感なTwitterのハッシュタグ

Twitterは「いま」でつながるメディアのため、テレビや社会的なイベントなど、世の中で話題になっている事との親和性が高いことが特徴です。

そのため、Twitterで人気のハッシュタグも、その時その時のトレンドなどです。

Twitterでは、ハッシュタグを活用するとエンゲージメントが2倍になるともいわれています。

その瞬間の気分や、ニュースなどに対する自分の想いなどをつぶやくSNSなので、大量のハッシュタグを付けるのにはむいていません。

ご存知の通り140文字という文字制限があるため、ハッシュタグは1~2つをおすすめします。

 

ハッシュタグを活用したキャンペーン事例

(引用:https://twitter.com/pocarisweat_jp/status/935000990444433408)

ポカリスエットの公式Twitterアカウントでは、ハッシュタグを活用したキャンペーンを実施中です。

ポカリスエットを飲む様々なシチュエーションを紹介するとともに、「#ポカリのまなきゃ」というハッシュタグを付けての投稿を促しています。

ユーザーがハッシュタグを付けて投稿すればするほど、プレゼントの当選者が増える仕組みになっていて、ユーザーがキャンペーンに参加する楽しみを増加させています。

 

Instagramはハッシュタグ命!

Instagramは、写真や動画を投稿することがメインのSNSなので、第三者が発信する情報やコンテンツではなく、自分自身の体験が共有されることのほうが多いです

Instagramには、リツイートのような機能がないため拡散力が低く、キャプション(メッセージ)が検索に引っかからないため、フォロワーが少ないとほとんど人目につかなくなってしまいます。

そのため、いかに検索に引っかかるようにハッシュタグを付けるか、ハッシュタグを辿ってくるユーザーからフォロワーを増やすかが重要なのです。

また、お洒落な画像をいろんな人とシェアをするという特徴があるので、とにかく大勢の人にフォローやいいね!をしてもらうために、大量のハッシュタグを使用します。

Instagramでは、文字数制限である2200文字以内であれば、いくつでもハッシュタグをつけることができます。

ただ、ハッシュタグが30を超えるとキャプションが書けなくなるという変わった仕様になっています。

 

効果的なハッシュタグの付け方

①名詞・固有名詞を使う

広く使われている言葉、誰でもしている言葉のハッシュタグには、検索してもらいやすいというメリットがあります。

例:

#映画 #旅行 #料理

名詞や固有名詞の中でも、より具体的に商品名やサービス名をハッシュタグに使うことで、ピンポイントの投稿を探しているユーザーにリーチすることができます。

例:

#ファーストフード ➡ #マクドナルド

#コスメ ➡ #シャネル

#コーヒー ➡ #スターバックス

また、その時期のイベントや季節に関することなど、トレンドのワードは検索されやすい傾向にあります。

例:

#クリスマス #ハロウィン #お正月

 

②ハッシュタグの候補からヒントをもらおう

Instagramでは、ハッシュタグを入力する際に、ハッシュタグの候補と投稿数が表示される仕組みになっています。

例えば、投稿の欄に「#プログラミング」と入力すると、入力画面の下の方に「#プログラミング 12,829投稿」といったハッシュタグの候補が投稿数とともに表示されるようになっています。

それらの候補と、件数を参考にハッシュタグをつけるといいでしょう。

 

ハッシュタグ嫌いなFacebook?

Facebookは個人と個人のつながりを重視するSNSであるため、ハッシュタグはあまり好まれていないようです。

リアルな交友関係との関連が強いので、興味関心を主軸に繋がるハッシュタグとは、親和性が低いと言えます。

これらの理由から、Facebookでハッシュタグを使用している人はあまり見かけませんが、自分の投稿をカテゴライズするのに便利です。

Facebookに限ったことではありませんが、SNSでは、投稿を重ねれば重ねるほど、前に投稿したものがどんどん過去のものになってしまい、タイムラインをさかのぼるのが面倒です。

シリーズものの投稿に共通のハッシュタグを付けておくと、後からすぐに一覧表示できるので助かります。ポイントは、他の人と被らないように、少し変わったハッシュタグにすることです。

 

ハッシュタグで表示順位をアップさせることができる可能性

では、Facebookの投稿にハッシュタグをつける意味はないのかというとそういうわけではありません。

Facebookの投稿は、独自のアルゴリズムで表示順が決まっており、時系列に並んでいるわけではありません。

できるだけ有益なコンテンツをユーザーに届けるために、エッジランクが実装されています。

エッジランクを決定する要素は以下の3つです。

①親密度

シェアやいいね!など、ユーザーが投稿にどれくらい反応しているかを計測しています。

②重み

ユーザーからのシェア>コメント>いいね!の順で重みが変わります。

③時間経過

投稿に対して、ユーザーからの反応があってからどれくらい時間が経過したのかを表します。

これらの要素でランクが決定されるため、Facebookなりのハッシュタグマーケティングを展開する必要があります。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか

SNSごとにハッシュタグの扱われ方が異なることをお分かりいただけましたか?

今後、Instagram・Twitter・Facebookを投稿する際には、SNSごとにハッシュタグの付け方を工夫してみてくださいね。

参考になったらシェアをお願いします!