【駆け出しweb担当者必見】UIとは?UXとは?

はじめに

こんにちは、内定者の向山です。

web担当者の方であれば、「UI」「UX」という言葉を1度は見たことや

耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

スマートフォンが普及してから

主にアプリ開発において「UI/UX」が重要視されています。

またUIデザイナーやUXデザイナーという新しい職種が生まれていることからも

「UI/UX」は重要であることが伺えます。

 

 UI/UXデザイナーでない皆さんがUI/UXデザイナーと

円滑なコミュニケーションを取るために基本的な意味や違いについて

混同しがちなUI/UXについて今回は紹介していきます。

 

UI/UXを直感的に理解する

 

一言でいえば、UIは「ユーザーとの接点」、UXは「ユーザーの体験」を意味します。

ここでは、例を見ながらUIとUXの違いを直感的に理解してみましょう。

 

新聞におけるUIとUXの違い

新聞におけるUIは「紙面」という接点であり、

UXは「毎日最新の情報が届く」という体験です。

 

タクシーにおけるUIとUXの違い

タクシーにおけるUIは「」という接点であり、

UXは「好きな所に移動できる」という体験です。

 

手段としてのUI(ユーザーとの接点)

「今日は仕事を頑張ったから、夕飯は弁当とかお惣菜とかの

出来上がっているものが食べたいな…じゃあ、スーパーに行って決めよう。」

 

この場合、「既に出来上がっているものを食べる」という目的を達成するために、

「スーパー」という手段を使って手に入れるということになります。

 

また、この例のように手段が1つのみであるとは限らず、

チラシを見て安くなっていることが分かった上でスーパーに行くのであれば、

チラシも手段になります。

 

UIというと「画面」のイメージが強いですが、

このように画面以外の「製品」や「サービス」も当てはまります。

 

結果としてのUX(ユーザーの体験)

「弁当を買ったから、メニューを考える必要もないし、

家帰って温めればすぐ食べられるから楽でいいなあ。」

 

UXは、体験の結果として起きる感情を含むので、

この場合は「楽でいい」という良いUXになります。

逆に「お箸をつけてと言ったのになかった」ということがあれば

少し嫌なUXになるかもしれませんね。

 

UI(ユーザーインターフェイス)とは?

UIはユーザーインターフェイスの略です。

「Interface:インターフェイス」は「境界面、接点」と訳せます。

出典:Weblio 英和辞典・和英辞書

 つまり、UIはユーザーと製品・サービスの接触面を指すので、

「 ユーザーの目に触れる部分や使用する部分」はすべて UIとみなすことができます。

UIは「人とモノ(主にデバイス)をつなぐ窓口のようなもの

だと考えると、イメージしやすいかもしれません。


例えば

何かのWEBサイトをPCやスマホ、タブレットで見ているとき。

その画面上で見られる情報=フォント、デザイン、余白などすべてがUIにあたります。

 

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは?

UXはユーザーエクスペリエンスの略です。

「Experience:エクスペリエンス」が「体験、経験」と訳せます。

出典:Weblio 英和辞典・和英辞書

このことからUXは「人がモノやサービスに触れて得られる体験・経験」のことです。



例えばあなたが、とあるWEBサイトを訪問したとします。

先ほど説明したサイトのUI(デザインやフォント、余白など)があなたにとって見やすかったり、

使いやすかったりしたら、あなたはそのWEBサイトを見てどのように感じるでしょうか?

・デザインが美しい
・フォントが見やすい(読みやすい)
・なんの情報がどこにあるか分かりやすい
・ページの読み込み速度が速くて使いやすい

という見た目や使用感に関することから

・商品がすぐに届いた

・対応が丁寧だった

・商品のクオリティが高い

というサービスの質に関わる部分の感想も「UX」です。


このように商品やサービスに触れて、ユーザーが感じることすべてがUXとなるのです。

 

UIはUXに必要な要素

参考サイト:UI/UXデザインの基本と初心者におすすめの勉強法

あなたが購入を考えている商品があるとしましょう。

その商品の機能について知りたいと思い、商品を取り扱うサイトに訪問したとします。

 

そのサイトがデザインのスタイリッシュさなど、UIを重視するばかりに

商品機能の説明がおざなりになっていたら、あなたは満足できるでしょうか。

 

恐らく「結局この商品の機能にはどんな良さがあるんだ?(=UX)」

と満足する体験経験はできないですよね。

 

一方で、商品機能の説明が分かりやすく、

しっかりと読めば満足のいくコンテンツがあったとします。

しかし、UIをないがしろにして余白のないびっしり文章が詰まったサイトは見にくく、

「サイトから早く離れたい(=UX)」と思ってしまいますよね。

 

どちらの場合もUIによってUXに影響が出ていることから、

UIは「UXの質を高めるために必要な一部の要素であることが分かります。

 

まとめ

UI/UXの違いについては分かっていただけたでしょうか。

 

UI/UXは、ユーザーに寄り添ったサイトにするために

ターゲットとなるユーザーを明確にすることが重要です。

 

サイトの目的を明確にしてコンテンツを充実させることはもちろんですが、

そもそもリーチしたいターゲットが

どんな理由で商品・サービスを良いと感じるのかを明確にする必要があります。

そのため、UI/UXの改善の1歩としてはじめにペルソナの設定をしてみましょう。

参考になったらシェアをお願いします!