【初心者必見!】自分に合ったプログラミング言語とは?

こんにちは!WEB内製化支援.comの篠原です。

これからプログラミングを学ぼうと考えている人にとって、「どのプログラミング言語を学ぶか」というのはとても重要な問題ですよね。

とはいっても、「自分に合ったプログラミング言語がわからない」という人は少なくないはず。

今回は、数あるプログラミング言語の中から、特に人気の高い言語を5つピックアップし、その言語の特徴とどんな人におすすめなのかをまとめてみました。

プログラミングについての知識がまったくないという方にも安心して読んでいただけるように、専門用語を使わずに説明します!

これを読めば、プログラミング言語の違いがわかるだけでなく、学びたい言語が見つかるはずです!

1 人工知能に対応!『Python』

Pythonとは

Pythonとは、組み込み開発、WEBアプリケーション、デスクトップアプリケーションなどで利用されるスクリプト言語です。

Pythonで作られたアプリとして、YoutubeやInstagramなどが挙げられます。

この言語の特徴は、コードが読みやすいという点です。

コードの文法がシンプルで必要最低限のため、簡単にプログラミングがかけるだけではなく、他の人がかいたコードも読みやすいので、開発現場において重宝されます。

また、人工知能やWEB開発などの広い分野で使われているため、今後も需要が大きくなるとが期待されています。

こんな人におすすめ

人工知能を学習したい、もしくは人工知能関連の職業に就きたいならPythonは習得必須です。

複雑なロジック処理を行うことができ、処理速度が速いため、統計分析に特化しているPythonは、大量のデータを処理し、その処理を高速化することが重要である人工知能との相性がバッチリなのです。

また、機械学習のライブラリが揃っており、学びやすいのもPythonだけです。

 

2 英語が苦手な人でも大丈夫!日本語で学べる『Ruby』

Rubyとは

Rubyの特徴は、コードの記述量が少ないため、他のプログラミング言語に比べて読みやすく書きやすいことです。

また、日本人が作成した言語であるため、日本語のドキュメントや情報がとても多く、英語力が壁になってしまうことがありません。

Ruby on Railsというフレームワークがあり、コードをあまり記述する必要がなく、高速にアプリケーションを作成できることもメリットのひとつです。

一番使われているのはWEBアプリ開発で、クックパッドや食べログなどもRubyで作成されています。

こんな人におすすめ

自由度の高さや読みやすさから初心者の入門用言語として使用されることが多いため、とりあえず何かを学んでみたいという人にはおすすめです。

特に、英語が苦手な人は、まずはRubyを覚えてみてはいかがでしょうか。

 

3 コンピューターに強くなりたいなら『C言語』

C言語とは

C言語は、プログラミング言語の中で最も古い言語であり、特に知名度の高い言語です。

C言語をベースに多くの言語が誕生したため、C言語をマスターしていれば他のプログラミング言語もスムーズにマスターできると言われています。

コンピュータのハードウェアを意識してプログラミングをする必要があるため、コンピュータの仕組みや動作に詳しくなることができます。特徴としては、高速でコンパクトなプログラムが実現可能であるため、数あるプログラミング言語の中で、処理速度が最速であるということです。

こんな人におすすめ

人間よりも機械に近い言語であるため、学習難易度は高いので、コンピュータに詳しくなりたいという人や、プログラミング自体に詳しくなりたいという人におすすめです。

また、最近では数が少なくなってきましたが、家庭用ゲーム機のゲームを作りたいという人は、C言語の学習が一番の近道です。

 

4 幅広い分野に対応可能!『JavaScript』

JavaScriptとは

JavaScriptとは、HTML内にプログラムを埋め込むことで、WEBページに動きのあるページを作成することのできる言語です。

強みは、ユーザーの使っているデバイス上で即時にタスクを処理できるという点です。

例えば、ユーザーが適切な形式でメールアドレスをフォームに入力したかどうかをチェックするのにも、JavaScriptが使われています。

また、本格的にプログラミングを行う場合、「オブジェクト指向」という、プログラムでモノを組み立てていくというプログラミングの考え方が必要になってきます。

こんな人におすすめ

JavaScriptは、HTMLとCSSが基本になるため、この2つの知識は必須事項です。

また、他の言語にはないくらい非常に汎用性が高いプログラミング言語なので、できることがものすごく幅広いため、とにかくいろんなことがやりたいという人におすすめです。

 

5 初心者でもWEBサービス開発ができる『PHP』

PHPとは

SNSや電子掲示板のようなWEBサービスやWEBアプリ開発で使用されるプログラミング言語です。

WEBサービスの開発に特化されたスクリプト型のプログラミング言語なので、構文がシンプルで、未経験でもとっつきやすく、プログラミング未経験の人におすすめです。

特徴としては、多数のフレームワークが存在し、そのフレームワーク自体が始めるための敷居が低く、設置が簡単であることです。

また、HTMLで構成したページの一部のみをPHPで出力することが可能であることです。

PHPができれば、Wordpressをカスタマイズできることも人気の理由です。

こんな人におすすめ

初心者でもとっつきやすく、前知識がほとんどなくてもブラウザ上で動かすことができるため、プログラミングでモノづくりをしたいと考えている人は、まずはPHPから始めてみましょう。

具体的には、WEBデザイナーになりたい人、ECサイトの作成をしたい人、WEB制作会社に行きたい人などにはおすすめの言語です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

人気のプログラミング言語5つと、それぞれの言語がどんな人におすすめなのかをご紹介してきました。

自分のレベルと目的に合った言語を見つけていただけたなら幸いです!

学びたい言語が決まったら、すぐにでも勉強を開始しましょう。

今回紹介した5つの言語について、より詳しい情報が知りたい人は、下記のサイトがおすすめです!

参考になったらシェアをお願いします!