【初心者向け】プログラミング学習で得られることとは?+学習ツール4選

はじめに

こんにちは、内定者の向山です。

 

突然ですが、皆さんは2020年度から小学校でプログラミングが必修化されること、

なぜプログラミング教育を導入することになったのかをご存知でしょうか?

今回は、

プログラミング学習で得られること、

さらに独学でプログラミングが学べる学習ツールについてご紹介していきます。

 

なぜ小学校から「プログラミング教育」を導入するのか?

これは、2つの要素があります。

 

➀IT人材の育成

経済産業省が行った調査によると、

2020年には36.9万人、2030年には78.9万人のIT人材不足になるとされています。

参考:経済産業省 / IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめました

このデータから分かるように、

プログラミングのできるIT人材は市場価値が高く、大変貴重になっているため、

プログラミングスキルを持っていると就職・転職において大きな強みになるでしょう。

 

➁プログラミング的思考の育成

 プログラミングを学ぶことによって得られるのが「プログラミング的思考」です。

文部科学省の議論のまとめでは「プログラミング的思考」を以下のように定義しています。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、

一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、

記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、

といったことを論理的に考えていく力 

 

このことから、自分のやりたい!と思うことを実現するための論理的思考力を養うため

プログラミング教育を行う意向であることが分かります。

 

更に、プログラミングを学習することはあくまで手段であり、

将来的にどんな物事にも適用できる力を育てるために行うことであることが述べられています。

プログラミング教育とは、子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、

将来どのような職業に就くとしても、

時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育むことであり、

コーディングを覚えることが目的ではない。

引用:文部科学省 / 小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)

 

プログラミング的思考とは具体的にどんなもの?

 

また、弊社で行っているプロスタキッズでは「プログラミング的思考」を以下の7つの力と定義しています。

➀目的設計・設定力

目的から逆算して物事のプロセスを考える力

➁論理的思考力

矛盾なく、道筋を立てて考える力

➂数学的思考力

数学、式、図、グラフ、図形を用いて考える力

④問題解決力(発見力)

問題を洗い出し、リカバリーする力

⑤クリエイティブ力

頭の中のイメージを具現化・視覚化する力

⑥実行力(主体性)

主体的に、自ら進んで取り組む力

⑦文章読解力

情報を正しく処理、操作(受信・発信)する力

 

このように、今後AIが活躍する時代になっても社会で通用する力を身につけることができます。

 

プログラミング学習の必要性が分かったところで、

そもそもの「プログラミング」自体はどのようなことなのでしょうか?

 

プログラミングとプログラムとは?

「プログラミング」とは、コンピューターのプログラムを組み立てる行為を指します。

つまり、「コンピューターに理解してもらえるよう正確に指示をする」ことです。

 

では、「プログラム」は何を指すでしょうか。

 

プログラム(=program)を和訳すると、

「番組表」「計画」「予定(表)」「カリキュラム」などと訳されます。

参考:https://ejje.weblio.jp/content/program

 

つまり、一般的に「プログラム」は何かを行う順序を表すということです

この捉え方を活用すると、「プログラミング」は何かを行う順序を書き出すことを指します。

専門用語に寄せていくと、

コンピューターが実行する順序を書き出すこと=プログラミングになります。

 

初心者が学ぶべきプログラミング言語とは?

まずは、以下の言語で基礎の部分を学んでコツを掴んでから、

他のプログラミング言語を学ぶといいでしょう。

 

Webページの基礎プログラミング「HTML」


HTMLとは、

Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、

「Webページの言葉の部分を作成するためのプログラミング言語」になります。

Webページを作る上で、欠かすことのできないプログラミング言語です。

 

Webページのデザインをする「CSS」


CSSとはCascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略で、

「HTMLでWebページに書いた言葉に色を付けたり、

見出しを作ったりするプログログラミング言語」になります。

このCSSで言葉に装飾などをしないと、

ただ言葉だけが羅列する大変見にくいWebサイトになってしまいます。

Webページの見た目をデザインするために、欠かせないプログラミング言語になります。

 

Webページに動きを付ける「JavaScript」


JavaScriptの最も一般的な使われ方が、「WEBページに動きを付ける」ことです。

写真をスライドさせて表示したり、Webページにあるボタンなどに動きを付ける動作は、

JavaScriptなどで制作されています。

Webページに動きを付けることによって、

検索している人の目を引いたり、その人の行動を促す効果があります。

このような動きをつけて質の高いWebサイト作るときには、

欠かせないプログラミング言語になります。

 

 

独学で学習するにあたって役立つツール4選

学習ツール

ドットインストール

http://dotinstall.com/

3分の動画でその言語や技術で何ができるのか、初心者が気になる全体観について知れるツールとなります。

時間の無い方は3分の動画を見るだけでも構わず、

しっかり学んでいきたい方は、動画を見ながら実際に自分で作ってみることが出来ます。

「何から始めたらいいかわからない」「どう学習すればいいのかわからない」という方など向けに

学習ガイドラインがあるところも使いやすい点だと思います。

 

 

 

Progate

https://prog-8.com/


様々な言語に対応しており、イラスト中心のスライドで自分のペースで学習し、

コードを書いて実践できるサービスです。

全16コース、71種類のレッスンがあり、

以下のように学習度合い別にレッスンが用意されているのが嬉しいですね!

 

 

困った時のQ&Aサイト

teratail

https://teratail.com/

「teratail」はプログラミングに関することに特化したQ&Aサイトです。
回答率も90%以上あり、どんな質問をしても短時間で回答が得られるというのが特徴です。

初心者の方でも質問しやすいように初心者マークを付ける機能や

質問の仕方が分からない方のための質問テンプレートが用意されています。

 

遊びながら学べるツール

Scratch

https://scratch.mit.edu/

「Scratch」は用意されたスクリプトを組み合わせて

自由に自分の物語やゲーム、アニメーションを作成・共有することができる学習サービスです。

特に8歳~16歳向けに作られていますが、

これからプログラミングを学習しようと考えている大人の方でも、

実際にこういうことができるようになるというのを形で楽しむことも大切になります。

他の人が作ったハイクオリティーな作品を見ることができるため、

興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

今回は、プログラミング学習でえられること、独学で学習するためのツールなどについてご紹介しました。

学習ツールは多くあるので、自分の気に入ったツールを見つけてみてくださいね。

参考になったらシェアをお願いします!