「CMS」って何?導入のメリット・デメリットとは?

はじめに

こんにちは、内定者の向山です。

 

突然ですが、皆さんは「CMS」という言葉を耳にしたことがありますか?

 

このCMSとは、

HTML、CSSなどのプログラミングに関する知識が無くても

簡単にWebサイトの運営ができるシステムのことをいいます。

実際に弊社で利用しているこのWordPressもCMSのうちの一種です。


従来はHTMLやCSSのようなマークアップ言語を用いて、

Webサイトを作製する必要がありましたが、CMSの導入により

そのような言語を用いなくてもWebサイト運用が可能になります。

 

また、近年はオウンドメディアを運用する企業が増加していることから、

CMSの需要が高まってきています。

 

今回は、そんな「CMS」についてご紹介します。


CMSとは?

Content Management Systemの略称であり、

「Webサイト全体を管理し、コンテンツ追加を容易にするシステム」す。

文章の入力や画像のアップロードをすれば簡単にWebサイトの構築や更新が出来ます。

 

一方で、CMSを導入しない(通常のWeb作成)場合

➀まず、ページの文章と骨格をHTMLで記述

➁HTMLではフォントの指定や文字の大きさなどの装飾はできないため、

    CSSによってデザイン(装飾)やレイアウトを記述

➂さらに、必要なデータをサーバにFTPアップロード

 

以上の3ステップをする必要があり、労力がかかることがよくわかります。


CMSのメリット

コスト削減・スピーディーに情報発信

先述した通り、

専門知識を必要とせずに、Webサイトの更新が行えるため、社員が簡単に情報発信できます。

これにより、外部に更新の依頼をする必要がなくなるため、外注コストの削減になります。

また、タイムリーな情報の場合には、

自ら更新できることからスピード感を持って情報発信することが出来ます。

 

サイトの更新頻度を高められる

Webサイトの更新が簡単であるために、社内でリソースを確保できれば、

頻繁にサイトの更新を高めることが出来ます。

 

デザインの統一感がある

CMSを利用すると同じテンプレートでページが増えていくため、

更新した担当者が違うことによって、ページのデザインに一貫性がないということがありません。

PC・スマートフォン・ タブレットなど、異なる デバイスから同じWebサイトを見たときにも

統一されたデザインになるので、 ユーザーにとってストレスのないWebサイトが構築できます。

 

デザインの変更が容易

HTMLで構築されたWebサイトでデザインのみを変更したい場合、

すべてのコンテンツに関連するファイルに手を加える必要があります。

 

一方、CMSでは、

コンテンツと「ヘッダー」「フッダ―」などの共通部分のデザインテンプレートが存在し、

それぞれが分離されているので、テンプレートだけを変更できます。

そのため、全てを作り直す必要はなく、比較的に変更が容易です。

 

SEO対策に有効

CMSによって構築されたWebサイトのコードは、

検索エンジンが推奨する構成を持っている場合がほとんどとなり、

結果的にコンテンツが検索上位に表示されやすくなります。

 

 

 

CMSのデメリット

使い方を覚える必要がある

使いやすいように作られているCMSですが、

やはり操作を習得するための時間を確保しなければなりません。

具体的には、

プラグインの導入やデザインのカスタマイズなどを施す場合にはスキルや知識が必要です。

しかし、最近のCMSは直感的に操作できるため、

コンテンツの作成のみであれば操作方法はすぐに習得できるようになるでしょう。

 

セキュリティの脆弱性

インターネット環境とブラウザさえあれば時間と場所を選ばずに更新できるメリットがある反面、

不正アクセスやサイバー攻撃といったセキュリティリスクの懸念があります。

近年、脆弱性を狙った攻撃が増加しているため、

CMSを選ぶ際にはその点も考慮して考えなければなりません。

 

バックアップが必要

CMSを用いないWebサイト運用では、

PC上で作成したデータをサーバーにアップする必要があるため、

PC上にもデータが残りバックアップの役割を果たしていました。

しかし

CMSでは最初から インターネット上で作業を行うため、元のデータがPC上に残りません。

そのため、 コンテンツを作成するごとに、別途バックアップを取っておく必要性があります。

 

デザインの自由度に限度がある

CMSはデザインテンプレートが存在するため、キャンペーンページなどの

デザイン性が大きく異なるページを作成することができない場合があります。

キャンペーンページなどを作製したい場合は、

別途Web制作会社に依頼することを検討する必要があるかもしれません。

 

 

まとめ

今回はCMSについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

Webサイトの作成を検討している方はメリット・デメリットを踏まえた上で

CMSの導入を検討してみてくださいね。

 

参考になったらシェアをお願いします!